スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽になる考え方

楽になる考え方とは

その一つ「与えること」

与えるものは数倍になって戻る、と言われて久しくなります。

与えるものが、数倍になって戻ってくる真理は、徐々にその全貌を見せています。

与えることは、人徳を積むという精神論だけではなく、ビジネス、人生を豊かにする方法として広まっています。

実際に、与えるたものは7倍になって戻ってくる、という考え方があります。
これを受け取るコツは、与えた直接の相手からではない可能性を理解することと、戻りに時差があることを受け入れること。

そして、もう一つは、戻りの期待を一度手放すこと。

与えることを、受け取る手段とだけ考えてギラギラするのではなく、与える存在になった自分に喜ぶことで、受け取り上手になります。

与えることで、受け取りを過度に期待する心の状態が、何を引き寄せるか考えてみてください。すると、この仕組みの理解が深まります。

自分の人生を豊かにするには、まずは与えるところから。

それも、自分に与えるところから始められます。自分を愛する人は、他人を愛することができます。

自分が満たされていると、他人を満たすことができます。逆に、自分を満たしたかったら、他人を満たすことで、自分にも戻ってきます。

奪い合いの波動はマイナスの波動で、マイナスの波動からはマイナスのイベントを引き寄せます。

この仕組みに気づくと、奪い合いをして得をした、などと、一時代前の表面的な満足ができなくなります。

与えることで喜びを感じ、競争の呪縛とストレスから逃れ、結果として、その喜びの心に豊かさが引き寄せされる・・・こんな考え方をしたら、少し人生が楽になりませんか?

そして、気持ちが楽になったら、それが人生の最適化の始まりです。

ストレスで疲れた心から最適化は望めません。

「楽になる考え方」は、人生の全てで実践するのは簡単ではありません。
でも、こんな考え方を、一日一回思い出すだけでも、人生が大きく変わり始めます。

楽になる考え方

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。